株で経済の勉強をする!

株で経済の勉強をする女性

株をやるというとお金儲けのイメージがあります。もちろんお金を儲けられると嬉しいのは間違いないですが、そのために経済の勉強をすることで自分自身に知識が蓄えられるという点も重要です。経済の基本知識や差をつけるポイントなどを紹介したいと思います。

株を始めるにはお金はどれくらいいる?

株を始めるためにはどれほどの資産を準備すればよいでしょうか。単元株とはなにか、ということを説明したうえで準備する必要のあるお金についてを説明していきます。最初に単元株とは何かを説明していきます。株を購入する際はほとんどの証券会社では1株ずつ購入できません。100または1000という数で売買をする必要があります。したがって、ある大手金融機関の株価は300円程度とし、100という単位でしか売っておらず、その数で買う必要があるとするならば、3万円は最低でも必要になってきます。それだけではなく、売り買いする際の手数料もかかりますから、一回の取引に100円かかるとすると、売り買いで200円かかることになります。短期で売り買いをすることにより、キャピタルゲインを得たいと考えている場合、こうしたコストも準備するべきと言えます。ちなみに、そういった手数料などは、証券会社によって価格設定が様々なので、何社かの資料を問い合わせて比較することが重要と言えます。また、配当を得ることによって利益を確保したいと考えている場合は、購入した額以上のお金を口座に持っていることが要求されます。それはどうしてでしょうか。配当がされる権利を獲得した日、個人投資家たちは配当を得られるということを確実化したため、持っている株を一斉に売却しようとするため価格が下落します。するとそれに対してリスクヘッジを準備していない場合、配当を受け取っても実質的には価格が下がってしまったことによって損をするわけですから、儲けは相殺されてしまう可能性があります。ならば権利確定をする前に空売りを仕掛けリスクヘッジをする必要があります。空売りは株を借りるわけですからその担保となるお金も準備する必要があります。以上から購入金額の2倍のお金と手数料等のお金を準備する必要があると言えます。

●株を始めたら手厚い株主優待の企業に投資しましょう
株主優待の全てがわかるサイト
●株の勉強をするなら仕手株が一番?
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド
●株で不利益にならないためにも株のプロに相談することが重要だと思います
投資顧問